陈咏谦:“但我喜欢这罪名

陳デブも私の大好きな歌手で、一人もいません。wymanと夕爺も私の敬服する語人です。私はいつも陳デブのすごいところが彼の感染力にあると感じて、彼の歌った歌はいつもみんなに共感を見つけやすくて、必ずしも最高の曲の最高の言葉ではないかもしれませんが、きっと最も陳デブの演繹で、それは歌の中の唯一無二の感情と感覚に浸透して、陳デブだけが歌うことができるでしょう。陳デブはクラス出身ではなく、創作の天分もなく、際立った形は言うまでもないが、みんなは彼のことが好きで、それで十分だ。西暦兄の本も同じで、特別な分析はなさそうに見えるかもしれませんが、その歌詞の繰り返しと翻訳は原稿料を騙している疑いさえあるように見えますが、その友人の率直で真摯な話は、私の前に真実を示しています。いくつかのコメントを見て、いくつかの好き嫌いを見て、私だけがそう思っていたと思っていたが、元はまだ誰かが私の「英雄の見た通り」で、その暗い感じは経験した人だけが知っているだろう。過激さは怖くない、怖いのは偏見があることだ。『夜話港楽』読後感:断続的な千の夜私はこのタイトルが以下のコメントと何の関係もないことを認めざるを得ない。Yは、歌詞は「出てきたもの」だと言っていたが、ペン先を離れた後、彼は自分の命を持っていて、誰かが大切にすればいい、「用途」は聴官に任せて、私はもう執着していない。私たちはなぜ内容を白状し、より良い悟りを待つことに執着しているのか。実は、私はやはり西暦のディスクに対する評価が好きで、本を出すのは本当に無力なのかもしれませんが、私は2 3 4がどのように続くか分かりません。ゴシップを続けても専門的ではないようで、連想力が足りない。本の中では多すぎて雑で浅すぎて、書かないほうがいいと言っています。毎日ランキングを探してラジオを聞いてみると、まだ必要なものが見つかるかもしれません。結局、私が読むことができるのか扉のページなのかを支持して、親友が私に送った一言:「すばらしく生きて、最後に涙を流すな」『夜話港楽』読後感:音楽アルバムと一緒に発行すべき本がブックフェアでこの本を見て、タイトルが好奇心をそそって、図書館に借りてきた。『夜話港楽』読後感:八十五分の良い本は実は西暦1874に対してずっと追いかけていて、基本的にはすべての文字が読んで、彼は私の港楽の啓蒙だと言える。かつて彼が陳奕迅に書いた6万楽評を見て4時まで奮戦し、1曲1曲地下歌を歌って、それから品位をつけて、それから、彼はまた私に楊千樺の申し訳ない入力法を認識させて、その字を打つことができなくてみんなは軽くpiaジョブズ、李克勤、謝安安、何韻詩、謝怒峰は多くてとても良い歌で、私にも多くの感動を与えました。しかし、この書評の角度は、本を手に入れてすぐにVivianに涙を流す角度ではなく、暇があれば彼の微博ブログを更新するファンの角度ではなく、1人の読者だけに基づいて、私はできるだけ偏らないようにしますので、皆さん、一律に軽くpiaしてください。『夜話港楽』には長所もあれば不足もありますが、これからは条例式で一つ一つ展示します。夜話港楽は、確かに情報量が豊富です。

陈咏谦:“但我喜欢这罪名

内容から言えば、中には良い歌から歌詞の金文再歌詞の意味まで、人物の編年史から様々なレースのゴシップまで、比較的全面的で、読者のように比較的完全な港楽壇の世相を示していると言える。しかし、私に少し面白いことに、紀元妹紙は私が本当に写真を見て本当に柔らかいと感じたことを許して、TATの手配は多くのスプレーのスプレーの理由になった。「背景資料を少し写す+広東語の歌詞を写す+共通語翻訳で歌詞を拡大する+スローガンを叫ぶ=楽評」というのは大きな原語で、実は西暦の妹紙のフォーマットは確かに大同小異だと思いますが、決してこのような世俗的な境地には達していません。彼のフォーマットの大部分はこうだと思います。「背景資料、たまにゴシップ+広東語の歌詞の断片+歌詞の意味理解+個人的な感想+いくつかの呼びかけ≒一篇の楽評」、学校の先生が書評映画の評論を配置する角度から見ると、実はとても標準的なフォーマットで、もしこれが噴き出した理由になるなら、それもそうだろうと思います。そして最後に、歌のまとめ、何韻詩の五行作、イーソンチャンのプレイ志の奇恋作、ゴミの三部など、私たちに多くの便利さを提供してくれました。『夜話港楽』は港楽入門作として、この方面では紀元妹紙がかなり勤勉に作った。この本に関する情報が網羅されているということですが、この正確さは、彼が歌詞の意味を持っていることを言いたいのです。紀元妹紙は実は歌詞で話をすることが多いので、歌詞をショーした後に歌詞に対する理解と感慨を加えることが多い。余談ですが、私は簡単に人を見ることができる人ではありませんが、私がピンク紀元が後期に彼の個人的な皮相上や言語間の萌え点を除いて、最も重要なのは彼の歌詞に対する理解だと思います。小さな例をお話ししますと、「私とはいつも」はイーソンチャンの歌詞の中では相対的に分かりにくいと思われています。私は彼にどのように理解するかを聞いたことがあります。彼が私にくれたカップリングには理解するaspectが3つあり、私はとてもショックを受けました。この例は私にずっと記憶に残っていたので、実は楽評者にとって歌詞の発掘度には何さんで十分だと思っていました。歌を聴いて、最初はメロディーで、そして触れるのは歌詞です。歌詞の理解については、西暦が作ったのはGOOD JOBの一言をほめることができる。これも私が思う夜話港楽第二のハイライトです。何さんは平らな言葉で歌の内包を話し、正確ではあるが個人的な感覚と相対的な感性の主観的な思想を失わない。彼の気持ちには多くの呼びかけがあり、誇張されているが、「広東語の歌があれば世界の終わりはない」「一緒に、ポップカルチャーでポップカルチャーに対抗しよう!」待って、これらの溝点はそれらのスプレーを少し楽しませて疲れないようにして、しかしこんなにかわいい紀元の女の子の紙、これはあなたの本で、どうして2つのスローガンを叫ぶことができなくて、あなたは私を大げさに呼んでください~

其实在网络上,能把乐评写好的人比比皆是,他们当中不乏文笔卓然之人,甚至可以说才高八斗。可有几个人能像公元一样将他们潜心写成再集结成册 然后再补充一句,作为一本以方言歌曲为点评主题的随笔,能卖到如今这个地步,也算是卓然啦。还是一声祝贺,这是公元妹纸努力的结果,一寸光阴一寸金,一分耕耘一分收获。 缺点: 哎呀终于要说到不足了,作为脑残粉的我实在难以下笔去黑这样一位如花似玉的妹纸啊!!! 一:出彩的部分还是太少了 说一句不太客气的话,正本书是相对中庸的一本,真正搏出位的,咳咳,似乎只有标题“有粤语歌就不会有世界末日”这句话看起来算得上是气势磅礴了吧,可是说实话,公元妹纸对于自己的感受抒发还是太小气了,我其实一直期待因为港乐对你带来的变化,给你的震撼,对你生活带来的影响。你的确说了,却实在略有轻描淡写。 其实公元书中某些内容,例如背景八卦,在百度wiki都可以翻找了然,再加上公元的笔触是平实派,在这样的基础上要出亮点本来就难,但是你却还是中庸地构造了这本书,乐有很多,评却略少。 音乐的确支撑了你的生活,你说了这的确是一本主观的随笔,但是其实这本书的亮点对于我来说就是你的主观感受,你的个人内心世界,只可惜,我等来的还只是你的中庸,尽管这个中庸相当优秀,但是说实话,我等来的烟花一刹,你却用路灯点燃心河堤坝。同样明亮,却没有内心雀跃。 二:有些部分仍然有些浮光掠影 其实,这本书里有些内容仍然草草,例如何韵诗的部分,薛凯琪的部分至于大陈小谢我知道你还要再写就不提了。正本书其实还是像一本广东歌的入门简介,远远未到发烧的标准。尽管这本书的确让很多人认识到了港乐,可是这本书肯定会让那些对港乐发烧的人来说,略有遗憾。不过,作为开篇,这本书其实相当成功。因为如果有了这样的一篇入门,才会出现更多的发烧友,让公元在接下来的书里面,发挥的更加肆意而不用担心市场。 公元兄给的成绩单我觉得还是穿的太严实了,篇幅有限,有些内容的确草草。其实想看到的,还是公元能有一些肆意的笔触,正如前言一样,下一本书拿出来的热情,可否如你研究《潜龙勿用》一般,让我们感受一下公元妹纸的小宇宙 这本书我打八十五分,这四十分给了内容,四十分给了情怀,而剩下5分,则是给了我这么长时间的等待——无论如何,其实我也相信,有粤语歌就不会有世界末日。公元1874,期待下一本的你更好! 《夜话港乐》读后感

私はどこにいたか忘れてしまいました。あなたが一日中書いていたものは何をしているのかという子供がいました。私はこのような場で説教をして、一体どんな楽評なのかを議論したくありません。ここでは、似合わない。私はただ、楽評人が必要とする専門文字の審美については、少なくとも前後2項、西暦1874は資格がないとしか言いようがない。彼の『夜話港楽』には、前景的なポピュラー音楽の発展史の系統性や、ポピュラー音楽を通じた現代のポップ文化との融合性、さらに他の文字には、時代性などが見られる。確かに、西暦1874年に謙虚に自分のこの本は実は随筆であることを示していますが、あなたの心と行為はすでに明らかにみんなに教えて、あなたが書いたのは楽評で、あなたのすべてはみんなを誤解しています。あなた自身は窯に来て手を解いただけで、10分でできますが、実はあなたは快男です。『夜話港楽2』、『夜話港楽3』、『夜話港楽3』、『夜話港楽3』、『夜話港楽3』、『夜話港楽3』、『夜話港楽3』。私はあなたにひざまずいて、もしあなたが本当に続けるならば、出版社もあなたに続けてほしい、あなたはこのような内容を維持してください。梅毒、我慢したから、尖圭コンジローマ淋病など他のものはやめて。『夜話港楽』読後感:港楽評論史上の下限の作品は背景資料を少し抜粋して+広東語歌詞を一度抜粋して+共通語翻訳で一度歌詞を拡張して書く+スローガンを叫ぶ=それらの背景資料を楽評して、あなたは以前のメディア取材評論の中で見つけることができて、ウィキペディアの中はどこにでもあって、甚だしきに至ってはファンで、すべてこの点に対して熟知していません。広東語の歌詞の文字数を書き写すのはもちろん、共通語翻訳で歌詞を拡張して1回書いて大体どういう意味なのかを計算して、目標は広東語が分からないので、広東語が分からないで、スローガンを叫ぶのはとてもすごいですか 私は愚かですが、私はこの習慣とこの論理が混乱しているスローガン国家の特色を見るだけで密接に関連しています。豆弁のプロフィールを見ると、「細やかな筆先が港楽の方角に触れている」「種の真心」「知られざる物語」。申し訳ありませんが、文章にはまったく感じられません。私は感じましたが、最も基礎的な資料整理と意淫的な解読であり、「港楽式微私の小人数は他の人には分からない」という優越感も挟まっています。——上段は『李克勤:陳詠謙が出港楽下限を埋めた作品』の最後から2段目を改編したが、なぜ多くのファンに支持され、馬伯庸馬親王の加持を得たのか、一度は何も考えなかった。実は簡単です。馬親王は知らなかったからです。ファンの心を話しています。みんなは音楽そのものではなくゴシップを見るのが好きだ。港楽式微、歌は何曲も聞いたことがないが、林夕と王菲楊千嫚黄耀明の八卦には興味津々だ。もちろん八卦の心は誰にでもある。音楽を聴くのは能動的ではない。人は考えるのが好きではなく、自分から探すのが好きではないので、基本的な常識の伝達を「ベテラン」として「みんな」としているが、これらの音楽やゴシップは、根本的に片付けられている。

质量是不重要的,量大才是值得膜拜的。一听为某某偶像写了几万字呢,吓尿了碉堡了侧漏了,其实根本没什么好标榜的。 音乐评论宏观庞大到音乐产业流行市场,微小细腻至歌词本身,其实都有更好的选择,倘使我在这里列出,无疑是给他们立了靶子找打。如真有心了解学习,我都愿意私下告知。 最后想说的是:你看过足够多的好东西,你会明白什么是优,什么是劣,什么是平庸。 为这种文章写这种文章,我可真够无聊的。 《夜话港乐》读后感:有粤语歌就不会有世界末日 是的,说到粤语歌,我想大多数人的第一印象还是《倩女幽魂》《光辉岁月》《万水千山总是情》或《上海滩》,除此之外,皆为小众。 似乎在台湾音乐席卷了21世纪前几年,欧美音乐随即大肆入侵,内地音乐也不甘示弱之后,港乐就成了一个尴尬的存在。甚至于在KTV中只要点了粤语歌,就必然会冷场。 那么,为什么还有人愿意给港乐著书立说呢 若你,有过致命的旧爱侣,也许你在听到“度岁月 穿山水 尚在很那谁”时,会抑制不住决堤的泪水。 在《江南style》《最炫民族风》的嘈杂中,还有些歌,把我们的心境道破,让我们在歌声中回顾,追念,感怀。这,难道还不值得我们坚守吗 更难得的,他的乐评高屋建瓴之余,给我更多的感觉是强烈的代入感。和很多乐评人影评人单纯从专业解读作品不同,看公元的文字,似乎就是在和老友谈论着一首歌的听后感。 有粤语歌,就不会有世界末日。 粤语歌当然不会拯救世界,但起码,当心灵和歌声共振的那一刻,它能让你感动。 我写的这些,也许会让你觉得夸张,但真的,它们不足以表达出我阅读感受的十分之一。 《夜话港乐》读后感:无关港乐,只是读者 翻周国平的集子时,看到了他对于读书标准的说法,“读了大半辈子书,倘若有人问我选择书的标准是什么,我一定会毫不犹豫地回答:愉快是基本标准。” “以愉快为基本标准,这也是在读书上的一种诚实的态度。无论什么书,只有你读时感到了愉快,使你发生了共鸣和获得了享受,你才应该承认它对于你是一本好书。” 从这个角度说,《夜话港乐》是让我愉快的,愉快的因素有很多,不一一细表。如果它让你觉得不愉快,那就不要看了,没必要“读过”它,我个人觉得这不是一本渣到一无是处的书,虽然有很多人读它没有发生共鸣和获得享受,我更愿意将这一现象理解为书与读者的匹配性问题。

豆瓣上关于这本书的评论我大致都看了,看过才发现原来有这么一个对立面的存在,而且是特别激烈的对立。有一些人叫嚣着“用生命黑公元”。我感受到了满屏的戾气,这股戾气到底哪来的呢 “当同一样东西被跟自己身份/地位“一致”的人所拥有——而自己却得不到,即使渴求背后仍是羡慕,但为了不希望自己处于比较的下风,心理活动自会懂得把能量从正转化为负,是拥有那一样东西的人令得不到它的我不好过,所以有问题的是别人而不是自己。”这是之前在林奕华的书里看到的一段话,兴许能从某个侧面来解释部分现象。 看隔壁某1星的书评,字里行间其实还是能看出笔者的爱,对音乐对乐评,只是这爱应该有它的践行方式吧 我总觉得,严肃书评要比“梅毒”什么的更具说服力。 微博上,何韵诗有过这样一句话:“别人的方法跟自己的不一样,那只是想法和路线上的差异,切忌觉得自己那一套才是最好和最有诚意的一套。”摘出来,与诸君共勉。 讨论是可以有的,关于乐评定义的界定大可以拿出来争论一番,对于严肃的笔战我倒是喜闻乐见的。但是,夹杂人身攻击的恶评,是不可取的。 每个人从歌词出发看到的东西会不一样,这个不一样会体现在你与我的差别,也可能体现在过去的我与现在的我的差别。举个例子,《Y100+》中其中两位词人对于《无人之境》的批注。陈咏谦:“但我喜欢这罪名。但我想跟你乱缠。这爱情其实很人性。”Tim Lui:“「失乐园」和「无人之境」分别出现在我中学和成年的时候。两首不同年代的歌,同样是讲很任性地做一些忠于自己不忠于伴侣的事,虽然我都将那画面幻想得很唯美和浪漫,不过长大后,我明白了「不想说明,只想反应」醉生梦死的天地,接着带来的,都是毁灭。”知道Tim是女填词人之后,这段话更让我感慨不已。 这本书的大部分内容都在网络上连载过,其中夹杂着一些极具网络特色的句子,比如“我不会告诉你XXX!”“XXX好吗!”写书不是写微博,不需要这样娱众的句子,况且这些语言又是有时效性的,既已成书,读者就不只是当下的一些网友。 我承认我贪心想看到更多,但我也不能以港乐人物传记的标准来要求《夜话港乐》。这本书基于专辑的解析是很不错的,也为港乐入门想收专辑的同学提供参考。 另外,本书部分细节我有疑问,择出来讨论。 136。“一个挂着十号风球的台风夜……的《假如让我说下去》”这两段的内容。之前和友人林麓锦聊过这个,她提供了重要线索。

まず、『林夕字伝』の林若寧の注を見てみましょう。「殿さまからよく聞きます。感動した経験がないのに感動的なラブソングを書くことを妄想してはいけません。私はこの言葉が911症候群の天馬行空から来たと思っていましたが、後になって彼の肌切りのエピソードだと知りました。ある天地が揺れた10番風球の夜、殿さまの船首が驚いて天然痘が落ち、生き別れた瞬間、目の前に古い恋人の顔が光ったと聞いて、次の駅が天国に行ったらどうなるのかと誓ったのです。残念ですが追いかけようという言葉があったが、結局慌てを力にして、一晩中の風が急に雨が降って、人の涙を稼ぐしかなかった」。06年、短期リース、ワサビは林夕が彼に言ったと言った。「この歌がもともと『私に押されたら』だと知っていますか」178。「当時、彼らは後に大ヒットした『約束』『来年の今日』『お久しぶりです』までまだ時間があった」『お久しぶりです』の前の2つの首都は林夕+陳小霞の作品で、ここで『お久しぶりです』と言うと読者を誤解しやすい。つぶやきもこんなにたくさんの字を書くとは思わなかったので、少し疲れていましたが、実は全体の過程で自分にも収穫があり、自分が普段考えていない問題を考えました。私は港楽に接する時間が短くて、専門の私も分からないので、これを書いて段階的な記念にしましょう。その日、図書館に行って音楽類の本の棚をめくったが、ほとんど楽理クラシックロックについてで、流行楽については多くなく、流行金曲XX曲があり、印象的なのは刀郎一冊の孫燕姿を見て、興味がなくてもめくってみなかったことだ。殿さまは「将来、広東の流行歌が肯定的な価値を得られる日が来ることを願っている」と言った。この瞬間、港のファンとして、私はただ、愛していきたいと思っています。『夜話港楽』読後感:最後に座って、話をして……原刊は『新京報』読書版。削除節があります。これは完全版です。

[今日必看]


发表评论

Copyright 2002-2022 by 海星自行车网(琼ICP备2022001899号-3).All Rights Reserved.